また終わるために

いっしょにすごしたときめき

浴衣からみるエロティシズム

【エロティシズムまとめ】 ①エロティシズムとは、(モテと同じく)「気配」である ②エロティシズムとは、隠されていることから「滲む」ものである ③エロティシズムとは、類型であることからの「逸脱」である(おそらく「粋」と等価で) 【まきの副音声】 ゆかた着付け…

恋愛学がわかる。

精神分析は、人間の世界に対する根本の問題は憎しみであると理解する。なぜなら無力な赤ん坊は、世界から攻撃されると感じているからである。 しかし、人間は他者に依存しないと生き延びられない。生き延びるためには憎しみをその反対物に変える必要がある。…

愛=I は、道徳を知らない

自己愛が足りなかろうが、充満してようが、他者を求める気持ちは破壊を含んでいて、愛とは脳のバグであり人生における事故に近いなとつくづく思う。 私をそこまで望んでくれる人に、何ができるかという視座はもういらなくて、一緒に死ぬしかその人には思いや…

【スペース議論】安楽死とこころの時代

【安楽死の権利を認めるべきか否か】 昨夜はありがとうございました。私はどちらかと言うと合理性の提示·立証が十二分に出来なかったのですが、まあ楽しかったと思ってます。以下が特に論点となっていた印象です。 ①安楽死の権利を認めることと倫理を両立さ…

父親×木刀の夢

私の実家には、父親が旅行の時にお土産として買った木刀があって、それを使って父親を殺そうとする夢を私はよく見る。しかし父親は強力でなかなか死なないし、それどころかよりいっそう強くなって私に反撃してくるのである。 あの木刀を供養したらいいのか、…

かわいい人

私にとって、かわいい人とは、とびきり好きな人というよりは、なんだか憎めない人のことなのである。 他者はいつも私に脅威的だ。なぜなら、自分自身の行動を逐一気をつけていないと相手の心情やその関係が、ガラリと変わってしまうリスクを含んでいるからだ…

死へと行進する心臓

植物には心臓(ハート)がない。咲いているだけで生まれては生きている。その様に心臓を持つ人間は、嫉妬せずにいられない。人間は、生まれて咲いているだけで、生きているわけにはいかないから。人間はいやしいから、動かずにはいられないんだ。 私の心臓(ハ…

やさしさの根源的方法論

宿を求めて来る者に、その名を尋ねるな。名乗りにくい者こそ、避難所を必要とする人だからである ユーゴー

猿は音楽を解さない

何故こんなにも眠いのだろうと思ってはうとうと鬱々していたいちにちだった。 私がキャンプに行った時、夜が明けたら鳥たちが歌っていた。私はその時、悲しいが美しさに心打たれる自己犠牲の恋についての夢ばかりみていた。おそらく鳥たちの歌が私に感応した…

ベルセルクについて語るときに我々の語ること ~サバイバーとスライバー~

三浦健太郎『ベルセルク』について、ブログで評論してほしいといううれしい要請がフォロワーからあって、私は今、”そうだ!京都へ行こう!!”という心持でペンをとっている。ありがとう! 端的に言えば、『ベルセルク』は、アダルトチャイルドあるある、の顕…

政治とは憎悪を理解する能力なんだよ

だから私は言うのだ。 骨肉の情愛というものは一度その道を曲げられると、おそろしい憎悪に変ってしまう。理解の通わぬ親子の間柄、兄弟の間柄は他人よりも遠くなる。 私は久雄の父親にたいする憎悪がよくわかる。じつによくわかる。 政治とは他人の憎悪を理…

フリフリイエローパンティの乱

元彼は私の新品未使用のフリフリイエローパンティを履いて、ふむ、としんみりした様子で一息ついた。私はそのあまりのフィット感と、元彼の顔立ちの変態ぶりとのコントラストにくらくらしていた・・・・・・悪い意味で。 フリフリイエローパンティは、私の趣味では…

立ち止まること⇔全力スルー

立ち止まることって才能だと思うんですよね。立ち止まったっていうのは天から呼び止められたってことですから、それはもう天から与えられたもの=才能ですよね。 立ち止まると、その時のその自分自身にしか、見えない・感じられない・考えられないことなんか…

風呂ハムレットの苦悩、あるいは思索

入浴の時間の恐怖に耐えかねて、よくTwitterでスペースを開いて感情を受け止めていただいている。だって、「今夜も入浴しなきゃいけないんですけど、怖いんで困ってるんですよ」と言ってかかりつけの医者の所まで行って眠っているところをたたき起こすわけに…

ようするに、不幸

2週間ぶりの英会話レッスンに私は、もどかしさとイラつきと、少しの焦りとで、バランスを崩していた。ようするに、不幸だったのである。 ある1人のお年寄りの女性(ヒロミさん、仮名)を初めとして、本当に若さが羨ましくてたまらないんだろうなというふうに、…

死が夢でも、いいじゃないか

中途覚醒したときは、なにかに呼び止められたんだと考えて、たいていブログを書くようにしてゐる。もしかしたら、言葉に呼び止められたのかもしれない。 死が夢でもいいじゃないか、と思った。「私の夢は、死ぬことです」というシンプルさ。あんまりそういう…

欲張りだから

「何か欲しいものありますか、私に出来ることならなんでも言ってください」と、言われた。こういう千載一遇のようでいて、本当の欲望が大きすぎるために何も望めない質問と要請が、恵まれた人生にはあるにはある。これを言った人物は、彼氏のお父様だった。 本…

ドッキリ祖母

亡くなったはずの父方の祖母が、じつは私の与り知らぬところで生きてました、という訳分からないドッキリ設定の夢を見て、うわあああ!……となって中途覚醒することがよくある。 亡くなったんなら、夢の中でも死んでろよ、と思う。私は父方の祖母が大嫌いだし…

おいおいまただよ

彼がまた4:00amに失禁して酩酊状態になり、私は彼のふらついてものにぶつかる音で飛び起きた。 またか、と思った。またか、と。 以前も彼は薬の飲みすぎと、アルコールの摂りすぎで酩酊状態になり失禁した。その時は救急車に乗せられて運ばれた。入院したの…

彼の異変はまだ続く

帰宅してすぐ、彼の異変に気付いた。私は1泊2日のキャンプ旅行に出ていて、昨日帰宅したばかりなのだけども、彼は、ダメージを受けたみたいに(実際私の不在はきつかった、と言っていた)なっていた。 昨夜警察の人が来た。彼のTwitterのフォロワーが彼が変に…

夜は形容詞がやってきて

空き箱に埋もれた落ち葉みたいに、この部屋は夜になると形容詞がやってきて降り積もり、私は圧倒される。 その日一日の出会いの筒。心の揺れや響きそのものが夜になると形容詞という落ち葉になる。形容詞の群れ。 私は息を飲む思いだ。ときどき、つむじ風が…

風呂嫌いから考える虚無

私は風呂嫌いをこじらせていて、どうしても毎日の入浴が苦痛でたまらないのである。うつ病の人にはありがちらしいのだが、毎日必要に迫られるので本当に困っている。どうすれば? というか、私の風呂嫌いの原体験はいったい何なんだろうか。考えてみれば、小…

いつでもユーモアを

暗くても、ユーモアがあればいいなと思う。ユーモアはあらゆる理不尽や不条理にたいする唯一有効な方法論であって、それがほんたうにすばらしくよい。 私は自己啓発本を、自己軽薄本だと思ってゐるけれど、さいきん読んだ『愛するということ』というエーリッ…

幸福の瞬間たまご

幸福とかそういうものは、本当に卵のようなものだと思う。大切だからといってきつくつかむと割れてしまうし、そっと扱いすぎても気がはってかえって負担になる。 だから、古今東西何万人もの人が語るように、いちばんよいのは、パック入り卵を自転車のかごに…

波長、霊長類というか、おしゃべり大好きおばさんの神秘

近所におしゃべり大好きおばさんがいて、毎日かかさず隣近所のこれまたおばさんとしゃべっている。声がよく通るので、部屋にいてもそのひとがまたおしゃべりしているとわかるくらいなのである。 何を毎日そんなに話すことがあるのか謎なのだけど、これはブロ…

私はもう、それは私にはどうしようもできないからと、放念していい

夢を見て起きた、4:00am。 私はインナーチャイルドのメッセージなんていうたぐいをあまり信じないのだが、時々夢を介してそのメッセージがやってくるんだというのは信じずにはいられない。今回の夢はそんな感じだったから。 小学校3年生くらいの私は、弟の…

戦略的いい人

私は、いい人とはよそおいのことなんだと思ってゐて、それはなにも洋服とか外見や身だしなみだけじゃなく、行いそのものをよそおう、とでもいおうか、たとえそれがこころを伴わない偽善だという自覚が”伴って”も、それがいい人という評価や恩として自分を彩…

わたしたちが正しい場所に花はぜったい咲かない

わたしたちが正しい場所に 花はぜったい咲かない 春になっても。 わたしたちが正しい場所は 踏みかためられて かたい 内庭みたいに。 でも 疑問と愛は 世界を掘りおこす もぐらのように 鋤のように。 そしてささやき声がきこえる 廃墟となった家が かつてた…

制服が邪魔をしない男子のすけべ事情

結論からいうと、女性が規範や常識に特化すればするほど、男性のすけべは逆説的に衝動として起こるんですよ。たとえば、女性が制服に身を固めていたりすると、それを破壊したい気持ちになるのは、まさに逆説ですよね。すけべは破壊性も含んでいると思うので。

ウィーク・ポイント返上キャンプ

キャンプ用の必需品を、100均で揃えたけども、準備っていつまで経っても完了したくないよな、っていうくらいには、当日が不安だし楽しみでもある。 他にも必要なものはあるかな?現地で最低必需品(テントとか)は、用意してくれるものの、荷物が多くなりそう…